タグ:イタリアを歩く ( 18 ) タグの人気記事

みんなちがって、みんないいね。

イタリアにいるとワンコ遭遇率が高く、出逢う度にその愛らしさにほっこりします。

d0065082_17340491.jpg
この子は南イタリアはシチリア島カステルヴェトラーノ在住のワンコ。シチリア原産の犬種だそうです。
『シチリア君、Piacere! (はじめまして〜)』


d0065082_17340466.jpg
北イタリア・ヴェネト州ヴィチェンツァの街角にて…。仲良しワンコ♡

d0065082_17340594.jpg
南イタリア・カンパーニャ州ヴィエトリスルマーレ。なんとも遠い目がたまりませんでした。


d0065082_17340586.jpg
トスカーナでオリーブ収穫をお手伝いしていた時に、仕事の疲れを癒してくれた猟犬達。


d0065082_17340505.jpg
あ、この子にも癒されました〜♪愛嬌があるんですよ。。


d0065082_17340672.jpg
閉め出されてしまったり。。 (ごめんねー)

いつもその場を和ませてくれるワンコたち…053.gif
いろんな子がいて、みんなかわいい。

みんなちがって、みんないい

…書いていて、

大好きな金子みすゞの詩をふと思い出しました。



応援クリックしていただけたら更新の励みになります
grazie!
[PR]
by ciaocaccolina | 2015-12-14 16:50 | イタリア雑記 | Comments(0)

新オリーブオイルの季節です

お久しぶりです!

10日ほど前にイタリア・オリーブ紀行から戻りました。
d0065082_05055100.jpg


d0065082_0505613.jpg


今年の搾りたてのオリーブオイルです。
オリーブのフレッシュジュース、と言ってもいいかもしれません。
d0065082_0505744.jpg



南はシチリア島から
d0065082_0505834.jpg


最北東の町トリエステまで
d0065082_051155.jpg


そして…
d0065082_051012.jpg
ちょこっと国境も越えました。

私のもうひとつのブログ「今日もオリーブ日和」に詳しくレポートしております。

よろしければ、どうぞご覧ください056.gif


[PR]
by ciaocaccolina | 2014-12-10 00:29 | 日記 | Comments(0)

ローマぶらり歩き

少し前、イタリアへ行っていました。

イタリアは田舎へ向かうことがほとんどで、ローマはフィミチーノ空港でトランジットのパターンが多かったのですが、
今回はローマで数時間ポッカリ空いた時間ができ…

ローマの駅前から、路線バスに飛び乗りました。

さてと・・・・

ローマでいちばん行きたい場所へgo070.gif

d0065082_15101811.jpg
先ずはパンテオン。
天井から差し込む光を拝み…

d0065082_15102096.jpg
そのパンテオンの出口で、少女たちが馬を撫でているシーンにホッコリ。

d0065082_15102299.jpg
Tazza d'oroでカッフェを。
ローマでいちばん好きなバール。

d0065082_15102370.jpg
これまでいったいどれくらい多くの人がこの道を歩いたのだろうかって、
ローマのこの磨り減った石畳みを見るたび昔から思っていた道を久しぶりに歩き…

d0065082_15102496.jpg
メルカートに並ぶ野菜や果物を見て、
こうして季節感を味わうのはいつものこと。
d0065082_15102530.jpg

こんな駆け足でのローマ街歩き・・・・

バスチケットが90分間有効だったので、
きっかりそれまでにはローマ・テルミニ駅前に戻ってきました。ふぅ。

d0065082_15102693.jpg
戻ってきたローマ駅前バスターミナルにて。
日の丸があったのは嬉しかったけれど、
何故にこの色❓



人気ブログランキングへ
[PR]
by ciaocaccolina | 2014-07-24 23:42 | イタリア・ローマ | Comments(0)

エッフェットベネツィア

d0065082_22482397.jpg
7月31日に、ここリヴォルノのヴェネツィアと呼ばれる地区で、夏恒例のエッフェットベネツィアという夏祭りがはじまりました。
私も初日に行ってみましたが、すごい人でした。運河沿いのリストランテで食べて、夜の散歩をしながらイベントを楽しんだり…。
でも、なんか、昔と比べて、しょぼくなったような・・・前はもっと、いたるところでピッコラファンタジア(小さな楽しみ)があって、楽しかったけど。そう感じているのは私だけ?
それでも、夜風を感じながら、イタリアの古い街並みをそぞろ歩くのは、それだけで素敵なものでした。
d0065082_22505177.jpg

毎年、初日には華やかな催しがあり、たいていは花火なのですが、、結構趣向も凝らされていて、一見の価値あり、です(写真を撮るのを忘れましたが・・・)。

エッフェットベネツィアは9日(日曜)まで。
この時期にここにいること自体めったにないことなので、あともう一回くらい行きたいと思っています。


d0065082_2304763.jpg


060.gifPUNTO
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-08-07 23:03 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)

un po' di giretto@リヴォルノ港

いつも駆け足で訪れていたリヴォルノ…。
今回は思いもよらず時間ができたので、プチ生活を満喫することにしました。
イタリアに来て、日本を離れて、あらためて思うのは、日本人は皆よく働いているなぁってこと。自分を振り返っても、そう思います・・・。こちらでは、夏はみんな1ヶ月近くバカンツァをとるけれど、日本では1週間とれればいいほう…私はもう10年ほど7月8月はほぼ休みなしで働いていました。かといって、他の時期に休めるかというと、それも難しかったりします。
イタリアは、みんなバカンツァのために仕事しているといっても過言ではないのでは・・・カウントダウンしながら仕事している友達何人か知ってます・・・。
それに、パートタイム的な働き方をしている人も多いらしく、仕事先で人手が必要な時期に集中して働いて、暇な時期は何ヶ月も休んでいる・・・とか、、プライベートな時間をまとめてもてるというのは、とても羨ましい・・・。まぁ、仕事がないという状況も辛いのかもしれませんが、1に仕事2に仕事だったここ数年、、いったい何のためにそこまで頑張らなくてはならないの?とふりかえると疑問にさえ感じます。それがあたりまえだったのだけれど。
日本で明け方に家を出て、夜遅くに帰宅していた私と、仕事が忙しいと言いながらも仕事の合間のランチタイムに海へ行って泳ぐリヴォルネーゼ・・・。
もちろん、ここイタリアも日本と同じく、この10年で、経済的に暮らしがたいへんになったとよく聞きます。あの頃は、ゆとりがあったと。
本当はきっとどこも同じなんだろうけれど、頑張れる何かがないと、つらい・・・。ここには、長期ヴァカンツァのように、頑張れるなにかがまだたくさんあると感じるのですが、どうなんでしょう。
まぁ、日本の都会とイタリアの地方都市という差もあるのかもしれませんが・・・。

un po' di pensiero(ちょっと考える)の後は、un po' di giretto(ちょっとお散歩)。

リヴォルノの港へ行きました。
沖から見たリヴォルノです。
d0065082_18192337.jpg
イタリアの港町な雰囲気ですね。

d0065082_18214286.jpg
昔(10年ひと昔ということで・・・)、私が住んでいた界隈・・・懐かしい~~。随分と小奇麗になりました。

d0065082_1825633.jpg
頭上には
gabbiano(カモメ)・・・
朝、いつもガッビアーノの声で目が覚めます。



d0065082_18322864.jpg
いつかこういうので地中海クルーズしたいな・・・
Buon Viaggio058.gif

060.gifLALA SONG 

最近テレビのコマーシャルで毎日聞く曲。ららら~ららら~・・・
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-08-01 18:50 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)

ポルトフィーノ

翌日はポルトフィーノへ・・・。
実は今回のイタリアのきっかけが、このポルトフィーノ。
とある画廊でポルトフィーノの絵画を偶然見かけ、ここへ行こう・・・と。
それが2週間前のことでした。

10年以上ぶりに訪れたポルトフィーノ、初めてここへ来たのは1995年、人々が夏の日差しを楽しんでいました。小麦色の肌のイタリアンマダム達がかっこよかった。セレブな雰囲気が印象的でした。
今回のポルトフィーノは、唯一オープンしていた小さなバールに地元の親父たちがたむろしていたのを除けば、誰もいない淋しい風景・・・。98年に訪れた2度目のポルトフィーノも2月だったのですが、もう少しお店やリストランテが開いていたのを記憶していました・・・が、、。1月のイタリアは、8月のバカンスシーズン同様、要注意かも知れません。
人々が去った静かなポルトフィーノをくまなく歩き、バールでカッフェを一杯、その後サンタマルゲリータリグレへ・・・。
d0065082_124013.jpg


サンタマルゲリータリグレは大きな町なのでランチはここでと思い立ち寄ったのですが、やっぱりここも静か・・・。ひとつだけにぎやかなリストランテを見つけたのでここで海の幸を満喫~店の人が「パヴァロッティはここの常連だった、AMICOさ」と自慢していたけど、、。モデナ出身のパヴァロッティ、もしかしたらサンタマルゲリータリグレで週末バカンスを過ごしていたのかもしれません。
同じ椅子にパヴァロッティも座ったかも、なんて想像してしまいました。

その後、リグーリアを後にし、トスカーナへと向かいました。
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-02-16 12:16 | イタリア・リグーリア | Comments(0)

清清しい朝♪

d0065082_1135975.jpg


イタリア到着翌日の朝、リグーリア・ベッツァノリグレのB&Bの庭から見えたアプアーネアルプスの山々…。

PISA空港に到着した前日の夜は、激しい雨が降っていました。週間予報も毎日雨・・・でしたが・・・、晴れ女パワーが勝ちました058.gif

早速レーリチへと向かいました。

d0065082_11422745.jpg


潮風を感じながら海沿いの小道をそぞろ歩く人々に混じってぷらぷらあてもなく歩きました。
こんなひとときがたまらなく幸せで、イタリアに戻ってきてしまうんですよねぇ060.gif

d0065082_11473699.jpg

     遠くにポルトベーネレ(右)とパルマリア島(左)が見えていました。
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-02-14 11:51 | イタリア・リグーリア | Comments(0)

*プーリアに咲く花*(母のカメラより)

d0065082_19133610.jpg
   オストゥーニへ続く道路脇に咲いていたケッパー(たぶん・・)の花


母と旅していると、その観察力に驚きます。
私が見過ごしていることをしっかりとチェックしていたりするのです。きっと母と一緒でなかったら発見しなかっただろうこともたくさんあって、少し得した気分になります。
緑の手を持つ母は、特に植物観察が大好き。
そんな母の視点から、プーリアの花をご紹介(^^♪

d0065082_1921116.jpg


日本でもよく見かける普通のタンポポ畑・・・ですが・・・

「こんなタンポポは初めて~」
との声に、よ~く観察してみると


d0065082_19233940.jpg

             花が枝分かれしてました。カワイイッ^^



d0065082_19265451.jpg


何気なく歩いている道の脇にひっそりと咲く小さな花・・・
こうして写真に撮るとなんて愛らしいんでしょう。


d0065082_19331362.jpg
この黄色い不思議な花・・・ちょっとサボテンチックですね。
母はアルベロベッロからマルティーナフランカへ向かう列車の車窓から見えていたこの花がずっと気になっていたようです。私はすっかり見逃していましたけど。
(それにしても点在していたトゥルッリよりもこっちに目が行っていたとは!)
・・なので、歩いていてこの花を見つけた時は大喜びでした。もちろん母は花の前で記念撮影。
全長2.5mから3m以上の高さがあるんですよ。ひとり生えの雑草です。デカかった。


d0065082_19415085.jpg
この写真のランプ下にも窓辺にも、
蚊よけのゼラニウムが植えられていました。
玄関へのアプローチに植えられていたブドウといい、、テラコッタに植えられていたハーブといい、庭のレモンといい、道端のケッパーといいカモミールといい・・・

「カワイイけど、よく見ると食べられるものか虫除けの花とか、役に立つものばっかりやなぁ~」

と申しておりました。

日本の日常を離れ、遠い町でいろいろな+*発見やヒント+*があったようです。
[PR]
by ciaocaccolina | 2007-07-16 20:06 | イタリア・プーリア州 | Comments(2)

プーリアの旅・ダイジェスト

d0065082_20594351.jpg
     バーリで出逢った銅像 …ピースサインに見えてしまうのは私だけ?…


ひとまずダイジェスト版で*:..。プーリア・旅の記録*:..。を。。

d0065082_1892317.jpg
言わずと知れた「イタリアのムーミン谷」アルベロベッロ、世界遺産です。
こぉんな世界的に有名な観光地にもかかわらず、このアイア・ピッコラ地区は静かな住宅地区で、歩いていてもほとんど人に出くわすことがありませんでした。
これは、私たちが宿泊したトゥルッロのすぐ裏にあった普通のおうち。
葡萄の木が玄関横に添っていてかわいい♪近くで見ると、ちゃんと葡萄の赤ちゃん?が立派に成長していました。

d0065082_18323835.jpg
マルティーナフランカ近くで、カモミール畑に遭遇!
野生に咲くカモミールの花々から漂うアロマテラピーに癒されました(*^。^*)
今も思い出しただけであのときの香りが。。。


d0065082_2057857.jpg
白い迷宮・オストゥーニにある、うるるんで小倉優子リンが手打ちパスタの修行をしたリストランテで食事をしてきました。
残念ながらおばあちゃんには会えませんでしたが、オーナーの息子さん(アントネッロくん)が私たちのテーブルを担当してくれました♪さすがミシュランに載っているリストランテだけのことはあり、味もサービスも最高(^ ^v・・ああ、幸せな時間でした。食後、アントネッロくんともいろいろ話をしましたよ。
また後日その時の様子も書きますね。
お楽しみに♥

ミラノでの思わぬ再会(^_^;)
[PR]
by ciaocaccolina | 2007-06-14 19:23 | イタリア・プーリア州 | Comments(7)

相変わらず…

d0065082_16281967.jpg

騒がしくて、でもSIMPATICAな町です。
Livorno…。
[PR]
by ciaocaccolina | 2007-02-04 16:28 | イタリア・リヴォルノ | Comments(2)