「ほっ」と。キャンペーン

太陽が海に落ちるとき・・・

d0065082_013936.jpg
リヴォルノの夕暮れ・・・皆じっとたたずんで、太陽が海に落ちる瞬間を待っていました。

d0065082_0153829.jpg
Che belloemoticon-0159-music.gif

11年前のこの季節、リヴォルノに遊学にきました。
そして今、プチヴァカンスしています。
[PR]
# by ciaocaccolina | 2009-08-01 00:20 | イタリア・リヴォルノ | Comments(1)

フォルテッツァ・ヴェッキアから見たリヴォルノ

d0065082_029773.jpg


昨日のフォルテッツァ・ベッキア(城塞)からの眺めです。
カモメが飛び交い、ヨットが停泊し、漁船や、この季節のこの時間(夕方8時ごろ)は真っ黒に日焼けした地元の人たちが乗ったボートが次から次へと海から帰ってきます。
フォルテッツァベッキアは第二次世界大戦でダメージを受けたままの姿で今もありますが、その傷ついた姿がまた古い歴史を語っています。リヴォルノでいちばん古いらしく、だからベッキア(古い)という名がついたのかな。

夏の間はこの城塞の中で毎晩のようにコンサートがあり、遅くまでにぎわっています。
トスカーナのイメージとはまた違う、もうひとつのトスカーナです。

d0065082_0352944.jpg

[PR]
# by ciaocaccolina | 2009-07-27 20:30 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)

Solo una volta

私が1998年から1999年にかけて住んでいた町・リヴォルノ。
先日、リヴォルノでの元クラスメートに会いました。
彼がリヴォルノで頑張っていたのは、もう10年以上も前のこと・・・。あれから一度もリヴォルノへもイタリアへも帰っていないという…。
日本に帰国してから今もずっと日本での目標にむけて頑張っているという…。夢が叶った時に、なつかしいリヴォルノへ戻ると自分の中で決めていると言っていました。
10年たっても20年たっても、リヴォルノは変わらないとわかっているから・・・・・・。

情熱と勇気をいっぱいをもらいました。

頑張ろうねemoticon-0134-bear.gif

emoticon-0159-music.gifSolo una volta( o tutta la vita ) di Alex Britti
この歌は、あのころ授業で何度も何度も聴いて、歌詞をdettatoした想い出の曲。
久しぶりに聴いて、元クラスメートと一緒にイタリア語を勉強していた頃がよみがえってきました。

d0065082_22584998.jpg
夜のリヴォルノ港
[PR]
# by ciaocaccolina | 2009-06-16 22:21 | 日記 | Comments(3)

見つけたっ

d0065082_10354713.jpg


実家の犬を連れて、朝の散歩にでかけました。
シロツメグサの咲く野原で、四つ葉のクローバを4つも発見emoticon-0159-music.gifemoticon-0159-music.gif
これはきっとなにかいいことがあるはず。
[PR]
# by ciaocaccolina | 2009-05-02 10:35 | 日記 | Comments(0)

アグリツーリズモ

d0065082_17593449.jpg
いろんなことがあって、更新が滞っていました。(そして、また先週イタリアへ行っていたのですが・・・)
とりあえず、1月のアグリ、チーズ工房です。

d0065082_1802084.jpg
ヤギのミルクから丁寧にペコリーノチーズやリコッタチーズがつくられていました。
トマト味や灰をまぶしたペコリーノ、また熟成期間によっても味が全然違っていて、棚に並べられたチーズがどれも同じペコリーノチーズだとは思えませんでした。
またリコッタチーズは、フレッシュなものから珍しい焼きリコッタまで、、ロンドンのハロッズでもここのチーズが売られているそうです。
ここはヴォルテッラからもすぐなので、今度はもしステイができなくても、チーズやオリーブオイルを買いに再訪したいものです。
[PR]
# by ciaocaccolina | 2009-04-25 18:05 | イタリア・トスカーナ州 | Comments(2)