カテゴリ:イタリア・リヴォルノ( 9 )

イタリアの夕日

d0065082_1985858.jpg
日本に戻って、イタリアにノスタルジアを感じることのひとつが、この夕日。
ほんの2週間前、このトスカーナの夕日を眺めていたんですよね~。
ここは、リヴォルノから車で30分ほどのところにあるサンタルーチェという小さな村の、友人の家のテラスから見た夕日。
毎日、窓を開けるとこんな景色が広がっているなんて、いいなぁ。

d0065082_19145025.jpg



リヴォルノの夕日。
この頃はまだ
日が長くて、
9時前でこの明るさでした。


d0065082_19194573.jpg

これも、リヴォルノの夕日。
毎日海に沈む夕日も、
表情を変えます。

まるで夕日フェチな私。



d0065082_1924131.jpg



リヴォルノから近い、
カスティリオンチェッロの夕日。

一日のいやなことをすべて燃やして、
また明日から頑張ろうemoticon-0165-muscle.gifって気持ちにさせてくれそうな、燃えるような赤です。

リヴォルノで過ごした、今年の夏…。

小麦色をとおりこし、真っ黒に日焼けした人々がいる町から色白大国日本に戻り、
価値観って、国や場所によって、こんなにも違うものか、と、世界の広さを肌で感じ…、
ここ日本ではなんの自慢にもならない日焼けした肌が、内心少し自慢に思ったりして、
でも涼しくなってしまったので、自慢の?肌を見せるような夏の服ももう着られない…。

今年の夏も、終わろうとしています。



emoticon-0159-music.gifPer Dimenticare
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-09-13 19:48 | イタリア・リヴォルノ | Comments(2)

エッフェットベネツィア

d0065082_22482397.jpg
7月31日に、ここリヴォルノのヴェネツィアと呼ばれる地区で、夏恒例のエッフェットベネツィアという夏祭りがはじまりました。
私も初日に行ってみましたが、すごい人でした。運河沿いのリストランテで食べて、夜の散歩をしながらイベントを楽しんだり…。
でも、なんか、昔と比べて、しょぼくなったような・・・前はもっと、いたるところでピッコラファンタジア(小さな楽しみ)があって、楽しかったけど。そう感じているのは私だけ?
それでも、夜風を感じながら、イタリアの古い街並みをそぞろ歩くのは、それだけで素敵なものでした。
d0065082_22505177.jpg

毎年、初日には華やかな催しがあり、たいていは花火なのですが、、結構趣向も凝らされていて、一見の価値あり、です(写真を撮るのを忘れましたが・・・)。

エッフェットベネツィアは9日(日曜)まで。
この時期にここにいること自体めったにないことなので、あともう一回くらい行きたいと思っています。


d0065082_2304763.jpg


emoticon-0159-music.gifPUNTO
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-08-07 23:03 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)

海に浮かぶ小さな搭・メロリア

リヴォルノ沖にたたずむ小さな搭・メロリア(La Torre della Meloria)…。

d0065082_21163082.jpg
(10年前に撮った写真です)

リヴォルノ港にアプローチする船から、
リヴォルノ港から出港していく船から、
きっと多くの人が、この搭を眺めたことでしょう。


d0065082_21182922.jpg
リヴォルノからも、見ることができます。
小さな搭メロリア(右)と、小さな灯台(左)がツインで浮かんでいるのが見えます。

やっぱり夕空時が美しいです。


emoticon-0159-music.gifsincerita'

イタリア滞在中、よく聞いた歌など、
ここに思い出と共に、記録しておきたいと思います。
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-08-04 21:24 | イタリア・リヴォルノ | Comments(1)

un po' di giretto@リヴォルノ港

いつも駆け足で訪れていたリヴォルノ…。
今回は思いもよらず時間ができたので、プチ生活を満喫することにしました。
イタリアに来て、日本を離れて、あらためて思うのは、日本人は皆よく働いているなぁってこと。自分を振り返っても、そう思います・・・。こちらでは、夏はみんな1ヶ月近くバカンツァをとるけれど、日本では1週間とれればいいほう…私はもう10年ほど7月8月はほぼ休みなしで働いていました。かといって、他の時期に休めるかというと、それも難しかったりします。
イタリアは、みんなバカンツァのために仕事しているといっても過言ではないのでは・・・カウントダウンしながら仕事している友達何人か知ってます・・・。
それに、パートタイム的な働き方をしている人も多いらしく、仕事先で人手が必要な時期に集中して働いて、暇な時期は何ヶ月も休んでいる・・・とか、、プライベートな時間をまとめてもてるというのは、とても羨ましい・・・。まぁ、仕事がないという状況も辛いのかもしれませんが、1に仕事2に仕事だったここ数年、、いったい何のためにそこまで頑張らなくてはならないの?とふりかえると疑問にさえ感じます。それがあたりまえだったのだけれど。
日本で明け方に家を出て、夜遅くに帰宅していた私と、仕事が忙しいと言いながらも仕事の合間のランチタイムに海へ行って泳ぐリヴォルネーゼ・・・。
もちろん、ここイタリアも日本と同じく、この10年で、経済的に暮らしがたいへんになったとよく聞きます。あの頃は、ゆとりがあったと。
本当はきっとどこも同じなんだろうけれど、頑張れる何かがないと、つらい・・・。ここには、長期ヴァカンツァのように、頑張れるなにかがまだたくさんあると感じるのですが、どうなんでしょう。
まぁ、日本の都会とイタリアの地方都市という差もあるのかもしれませんが・・・。

un po' di pensiero(ちょっと考える)の後は、un po' di giretto(ちょっとお散歩)。

リヴォルノの港へ行きました。
沖から見たリヴォルノです。
d0065082_18192337.jpg
イタリアの港町な雰囲気ですね。

d0065082_18214286.jpg
昔(10年ひと昔ということで・・・)、私が住んでいた界隈・・・懐かしい~~。随分と小奇麗になりました。

d0065082_1825633.jpg
頭上には
gabbiano(カモメ)・・・
朝、いつもガッビアーノの声で目が覚めます。



d0065082_18322864.jpg
いつかこういうので地中海クルーズしたいな・・・
Buon Viaggioemoticon-0157-sun.gif

emoticon-0159-music.gifLALA SONG 

最近テレビのコマーシャルで毎日聞く曲。ららら~ららら~・・・
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-08-01 18:50 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)

太陽が海に落ちるとき・・・

d0065082_013936.jpg
リヴォルノの夕暮れ・・・皆じっとたたずんで、太陽が海に落ちる瞬間を待っていました。

d0065082_0153829.jpg
Che belloemoticon-0159-music.gif

11年前のこの季節、リヴォルノに遊学にきました。
そして今、プチヴァカンスしています。
[PR]
by ciaocaccolina | 2009-08-01 00:20 | イタリア・リヴォルノ | Comments(1)

フォルテッツァ・ヴェッキアから見たリヴォルノ

d0065082_029773.jpg


昨日のフォルテッツァ・ベッキア(城塞)からの眺めです。
カモメが飛び交い、ヨットが停泊し、漁船や、この季節のこの時間(夕方8時ごろ)は真っ黒に日焼けした地元の人たちが乗ったボートが次から次へと海から帰ってきます。
フォルテッツァベッキアは第二次世界大戦でダメージを受けたままの姿で今もありますが、その傷ついた姿がまた古い歴史を語っています。リヴォルノでいちばん古いらしく、だからベッキア(古い)という名がついたのかな。

夏の間はこの城塞の中で毎晩のようにコンサートがあり、遅くまでにぎわっています。
トスカーナのイメージとはまた違う、もうひとつのトスカーナです。

d0065082_0352944.jpg

[PR]
by ciaocaccolina | 2009-07-27 20:30 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)

相変わらず…

d0065082_16281967.jpg

騒がしくて、でもSIMPATICAな町です。
Livorno…。
[PR]
by ciaocaccolina | 2007-02-04 16:28 | イタリア・リヴォルノ | Comments(2)

メルカ-トにて

d0065082_216456.jpg

リヴォルノにて(^O^)
土曜の朝のメルカ-トはいつも以上に活気溢れています。
[PR]
by ciaocaccolina | 2007-02-03 21:06 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)

久しぶりの…

d0065082_1333994.jpg
ずっといいお天気に恵まれ、ラッキーだった私たち。数日前までは雨が降ったりして、あんまりお天気がよくなかったらしいけど。11月のこの時期こんなポカポカ陽気が続くなんてめずらしいですよね~(^O^)
さて、今回ずっと一緒に旅してきた先輩@晴れ女.が帰国してしまう日の朝、まだあと3日残っている私は、この後どこへ行くか決めていませんでした… トスカ-ナ地方のお天気がだんだん下り坂みたいだったので、いっそのこと北上してしまおうかとも思ったのですが…
…フィレンツェで、先輩の乗った空港行きプルマンをお見送りした後、急に思い立ち、1泊分の荷物をかばんに詰めて… 久しぶりにリヴォルノへ~(^^)
約2年半ぶりの再訪です。
[PR]
by ciaocaccolina | 2005-11-18 01:33 | イタリア・リヴォルノ | Comments(0)