「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:世界の街・中国( 4 )

+チンタオ旅日記 後編+

d0065082_1745419.jpg


d0065082_1821523.jpg
チンタオは、過ごしやすいうえ、まだそんなに注目されていない町ということもあってか、かなり物価安でもありました。
2年後に行われる北京オリンピックでは、チンタオでヨットレースが行われるとのこと。
えらい盛り上がっていました。
きっと物価もこれから上がるはず…。
オリンピック前の今がチャンスです。チンタオ。

例えばタクシー、初乗りが7元(約100円弱)、これでかなりの距離を走ってくれました。タクシーを借り切ってしまうのも、この値段ならOKです。
でも、こじんまりした人間サイズの町なので、歩くのもなかなか楽しいです。

そして旅で忘れてはならないのがグルメですよね。
もちろん思う存分楽しむことができ、たらふく食べても信じられないほどの安さにびっくりでした。
また、チンタオには8万人もの韓国人が住んでいるらしく、中華以外にも、韓国料理店がたくさんありました。ソウルで食べる韓国料理よりもチンタオのほうが安くて美味しいと、ホテルの日本人女性が超オススメしてくれましたよ。「是非、チンタオで焼肉を食べてから帰ってください」…と。
「あと1日あれば焼肉も行ったのに~」と、後ろ髪引かれながら帰国しましたけどね。

d0065082_1842665.jpg海の町チンタオは、もちろん新鮮な魚介類を使った海鮮料理が有名。
これは、最初の夜に行った海鮮料理のお店。
水槽の魚を選んで、調理法もオーダーするシステムです…が、もちろんそんな高度なやり取りを中国語でできるわけありません。
出来上がりの写真を見ながら、材料を確認して注文しました。
お腹いっぱいいただいたのに、3人分あわせて、たったの1500円ほどでした(お酒代含まず)。

d0065082_1894785.jpg
d0065082_18101044.jpg

         とーっても新鮮な魚介類…

d0065082_18133478.jpg

                 でもよく見れば、蜂の子があったり… ひぇ~~


d0065082_18323092.jpg左はフカヒレ蟹味噌スープ。お肌ツヤツヤ。毎日食べたい。

2日目の夜に訪れた、香港料理のお店です。

左下の写真のふわふわ豆腐もやさしい味でとーってもおいしかった。
あと写真には撮りませんでしたが、タピオカミルクプリンが意外に絶品でしたよ。(マンゴープリンと胡麻団子も食べたのですが…)

d0065082_1834273.jpgd0065082_18343333.jpg


あ、お昼の飲茶も3人で1000円ほどでした。

ホント、美味しいものをお腹いっぱい食べたい人、ここは穴場ですよ~。

ちなみに…
私たちが行ったお店は、旅行客や駐在の外国人向けレストランばかり。
現地の庶民が通う、海沿いの海鮮レストランはもっともっと安かったです。1皿10円とか。衛生面のことを考えて避けましたけど。

d0065082_1859191.jpg 左:チンタオ旧市街にて、ゆっくり過ごす人々。

通りすがりの人に道を尋ねると、自分が歩いてきた反対方向なのに、一緒に歩いて連れて行ってくれたり、、、
チンタオ到着後、空港からホテルの近くまでバスで来たのですが、一緒にバスに乗っていた人(中国人です)と仲良くなり、バスを降りてからホテルのチェックインまで付き合ってくれたり…なんかとても親切な人が多く、心温まりました。
両親と3人… 私がツアコンしたわけですが… 無事楽しく過ごし、帰国… ほっ。 

こういう近場の旅も、なかなかいいですね。
長期の休みを取らなくても、ふらっと出かけられる気軽さがなんといってもいいかも。

ということで、なんか旅日記後編は、食べ物の写真ばかりになってしまいました。

d0065082_19212191.jpg
最後に… 「チンタオビール博物館」、いかにもの観光スポットですが、ここもなかなかよかったです。
ビール工場(見学できます)と同じ敷地内にある洋館でチンタオビールの歴史を学んで、ビールを飲みました。
世界中で見かけるチンタオビールですが、やっぱり売られている国や町によって味も違うのだそうです。
チンタオで飲むチンタオビールは、水がいいので美味しいですよ~…とのことでしたよ。

現地のカルフールでは、このチンタオビール、1缶だいたい45円で売られていました。タックスは入ってないのかしらね。これも安すぎっ。父が喜んでいました。


  海鮮料理のお店
  青島菜館

  香港料理のお店(飲茶もあります)
  Feixiang Cafe   (カード払不可・日本語メニューあり)

  飲茶をしたお店
  東方飯店 ホテル2階のレストラン (ホテルを入って左手のエレベーターで2階へ)

面白いもの発見・その2…
[PR]
by ciaocaccolina | 2006-07-03 20:04 | 世界の街・中国 | Comments(0)

+チンタオ旅日記 前編+

d0065082_16234958.jpg
お待たせしました。2泊3日で訪れた、中国@チンタオ旅日記・前編です。

チンタオ(青島)は中国山東半島に位置する、緑豊かな美しい町。
坂道が多くて、見晴らしのいい丘や公園も点在、海沿いの散歩道や海水浴場、港もあって、エキゾチックな港町です。

緯度は仙台と同じくらい、だから夏も過ごしやすく、上海や香港・韓国(チンタオから近いっ)では避暑地として有名と聞きました。
私たちが訪れた6月下旬も、とーっても涼しくて、曇り~霧のかかったお天気だったので(チンタオも梅雨らしい)日差しも気にならず、お散歩してて心地よかったです。

また中国各地から海水浴バカンスで訪れる人も多いリゾート地なんだそうです。7月8月がベストシーズンだとか…。
こんなこと、日本ではあまり知られていないですよね~。
あの分厚い「地球の歩き方」でさえも、チンタオのページはほんの数ページ…(買いませんでした)、情報少なすぎ!!

チンタオではほとんどといっていいほど英語が通じません。
レストランはもちろん、私たちが泊まったホテルですら…; なのでいつもペンとメモをかばんにしのばせ、"筆談+地図を指差し"でなんとかやり取りしました。
当て字で漢字を書いて… 通じるときもあれば通じないときも。
同じ漢字でも、日本と中国では意味が違っていたりして、なかなかね。
(例えば、「娘」は中国ではお母さんという意味だったり、「走」は歩くという意味だったり)
筆談会話しながら、中国ではこう書くんだよと逆に教えてもらったりもしました。
でもみんな、こちらではあまり見かけない私たち日本人観光客に、とっても好意的で親切でしたよ♪

d0065082_1646436.jpg
           海の岩場で、みんななにしてるのかなぁ~ 
d0065082_16482427.jpg
          その近くで、貝殻を売る人… もしかしたら貝殻を拾って売っている?!
d0065082_16545019.jpg
          昔懐かしい、貝殻アクセサリーも…

それにしても…
中国語と日本語、同じ漢字を使っているというのに、どうしてこんなにもわからないのかしら。
イタリアにいた頃、
「中国語と日本語って、イタリア語とスペイン語みたいに似ていて、日本人はだいたい中国語がわかるんでしょ?」
と、イタリア人に聞かれたことがあります。
とんでもない!文法だって全然違うし、発音も違う(しかもイントネーションが難しい)、書かれている漢字を見てなんとなくそうかなぁ、と思うことはあっても、やっぱりわからない…;
帰国後、テレビの中国語会話講座を見たり、本屋さんで中国語のテキストを立ち読みしたけど、やっぱり難しそうだった…(興味は持ったのだけれど)。

d0065082_1743749.jpg
ドイツの租借地だった名残で、町はヨーロッパちっくな雰囲気がありました。
夜なんて、オレンジ色に灯った街灯が霧で霞んでとってもロマンティック、冬のミラノを思い出しました(ちょっと言いすぎかな)

さて、、後編はいよいよチンタオビールと食事編だよ。

面白いもの発見・その1…
[PR]
by ciaocaccolina | 2006-06-29 17:43 | 世界の街・中国 | Comments(4)

ただいまっ

d0065082_1365795.jpg

取りあえずの帰国報告です。
短い旅行だったけれど、いい旅でした。 あ~リフレッシュ!
また、ゆっくりチンタオ旅日記を書きたいと思ってますので、お楽しみに。
[PR]
by ciaocaccolina | 2006-06-24 13:06 | 世界の街・中国 | Comments(0)

チンタオにやってきました。

d0065082_12618.jpg

なかなかおもしろい町です、青島(チンタオ)…。
そう、あの「青島ビ-ル」で有名な、中国の町です(^-^)
[PR]
by ciaocaccolina | 2006-06-22 01:02 | 世界の街・中国 | Comments(0)