「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:お料理( 4 )

オリーブ農家のおうちごはん

美味しいオリーブオイルをつくっている生産者さんちの食卓って、
いったいどんなお料理が並んでいるのだろう。。。

きっと美味しいオリーブオイルの食べ方をいろいろと知っているはず!


今夏のイタリアでは、ありがたいことにオリーブオイルの生産者さんのお宅にお招きいただき、4夜連続で、夕食をご一緒させていただきました。

キッチンに立って美味しいお料理をつくってくれたのは、パパです。

イタリアには、ホント料理上手な男性が多いなぁ。

初日と2日目と、お料理の写真を撮りそこねたのが残念…(ちょっと遠い目)。

そして、撮った写真もブレブレですが・・・

d0065082_23295569.jpg
ボンゴレのスパゲティー

このオリーブオイルのソースも美味しくて、パンにつけて最後まで綺麗にいただきました。



こちらは…
d0065082_2329554.jpg
オラータ(真鯛)のホイル焼き
焼きあがったオラータをオーブンから取り出し、アルミホイルの包みごとテーブルのお皿の上にのせたパパ、
目の前で包まれたホイルを開け、速水もこみちさん風に、追いオリーブオイルをたっぷりとかけてくれました。

フレッシュレモンもキュッと絞って!

パパのこだわりは、このオラータにはハーブも塩胡椒も使わないことなのだそう。
パパのオリーブオイルうんちくを聞きながら、食べて納得、しあわせな味。


d0065082_23295655.jpg
こちらはアマトリチャーナ

この日は、連日美味しい料理をつくってくれたパパからバトンタッチ、ローマっ子のクラウディオがつくってくれました。
もう胃袋を掴まれっぱなしでした。


d0065082_23295750.jpg
ほとんど食べ終えた後にパチリの、
オリーブオイルのポテトサラダ

ミントがつかわれていて、さっぱり爽やかな味。

オリーブオイルがいい出汁の役目をしてくれるので、調味料は最小限に… これもパパのこだわり。


d0065082_23295728.jpg
アーティチョークのエクストラバージンオリーブオイル漬け
保存食ですね、でも美味しいのですぐになくなってしまいそうです。



そしてオマケemoticon-0100-smile.gif
d0065082_23295835.jpg
お庭のパパの畑に咲いていた、アーティチョークの花。


やっぱりオリーブオイルの産地では、土地のものと合わせるのがベストな食べ合わせなんですね。


テーブルでご一緒したみなさま、そしてパパ、Grazie milleemoticon-0152-heart.gif



人気ブログランキングへ
[PR]
by ciaocaccolina | 2014-08-13 22:59 | お料理 | Comments(0)

ビタミンカラー☆

d0065082_164455.jpg

色鮮やか、ビタミンカラー☆のトマトたちです。

ばあばの家に遊びに来ていた甥っ子たちは、このポモドリーニをもぎってはパクッ、パクッ、と口へ放り込んでいました。
実は私、サラダに添えられているトマトって、子供の頃からあんまり好きではなくて、いつもトマトだけ残していたのですが、このポモドリーニは甘~いんですよ。
実家に帰ったついでに、こんなにもいただいてきました。

d0065082_1644572.jpg
いただいてきた大量のトマトは、水洗いした後、種類ごとに仕分け。そのほかの夏野菜たちも、すぐに料理できるように半日かけてそれぞれ下ごしらえをしました。
今、冷蔵庫(特に野菜室)はこれらの野菜たちで占領されてしまっています。
ひとり暮らしなので、これからは毎日野菜三昧の日々です。

梅雨も明けたことだし(大阪ですが…)、
夏野菜を食べて今年の夏も頑張るぞぉ。


d0065082_1644566.jpg
新鮮トマトは火を通さず、そのまま食べたり、サラダ感覚の冷たいパスタやブルスケッタにして食べるのが好き。(きっと子供の頃の私はおいしいトマトを知らなかったんだろうなぁ・)
今日も・・お気に入りのパン屋さんの「天然酵母のカンパーニュ」という素朴なブレッドで、夏のお助けメニュー、ブルスケッタをいただきました。


ちなみにここのパン屋さん
売り場が4畳半もないくらいのちちゃなお店(しかも入り口は木の引き戸!)なんですが、無添加にこだわり、粉のシンプルな味を大事にしたここのパンは、ホントおいしい。種類も少ないし、その上お値段も高めなのですが、いつ行ってもお客さんがいます。裏通りの、ほんとにちっちゃなお店なのに…。

住んでいる町にこういうおいしいパン屋さんが一軒あると、なんか嬉しいですよね。
[PR]
by ciaocaccolina | 2007-07-25 16:44 | お料理 | Comments(6)

オレキエッティ+カバテッリ

d0065082_9524211.jpg

プーリアのパスタ、耳たぶの形をしたオレキエッティ&マカロニっぽい細長のカバテッリで…
白いツブツブがカワイイjoccaのトマトソースパスタをつくりました。

このパスタを買ったお店のミンモおじさん、すごーく話好きで、一度つかまると離してもらえなかった・・(^^; 
ミンモ曰く、、
「カバテッリは男でオレキエッティは女、男と女が一緒になったパスタだよ~」・・・と。
「じゃあ、縁結びのたべものだね、きっと」
こういうのにめっぽう弱い私、2袋も買ってしまいました。
オレキエッティは日本でも売られているけど、コレ(orecchiette maritateといいます)は見たことないし。
乾燥パスタだけど、モチモチッとした食感はプーリアで食べたのとおんなじ♪おいしかったですよ。
d0065082_9524225.jpg

[PR]
by ciaocaccolina | 2007-06-26 09:52 | お料理 | Comments(11)

イタリアンランチと…

本当に本当にご無沙汰していました。
2007年ももう1ヶ月が過ぎましたね。
この一月、あっという間、でもいろいろなことがありました… なのに更新もしないでごめんなさい。ペコリ。

さてさて今日は、阪神きっての高級住宅地・苦楽園にある、最近評判の某イタリアンレストランでの料理教室&ランチに出席してきました。
ここの有名シェフが教えてくれる少人数制のイベントとのことで、多数の応募者の中から抽選だったのですが、参加できることになり、楽しみにしていたんです。時間がゆっくりと流れる中、イタリア料理の話に花が咲かせながら、幸せでおいしいひとときを過ごしました。

斬新なアイデアのレシピに驚き、素材のおいしさに感動し…

ここで今日のantipastoだけ、ちょこっと紹介…
d0065082_020884.jpg
insalata rossa alla ricca come tipo caprese
(春苺と春トマトのよそ行き仕立てインサラータ・カプレーゼ)

一見ドルチェのようなアンティパスト、一年でいちばんおいしいと言われる春トマトがとっても甘くておいしかったです。そして苺も…(ヘタまで全部食べました;)。バジリコの代わりにミントが添えられていて、これまた合う!、、そしてこのソースは、煮詰めたヴィンコットをバルサミコでのばしたものと、フランソワーズのピューレと苺とオリーブオイルを混ぜたもの(たぶん)だそうです。
うっすらとかかっているのは粉塩… お砂糖ではありません。
料理の味を殺さない、とっても穏やかな味の粉塩でした。
それにしてもメニューを見たときには、まさかこんなかわいらしい一品だとは想像もしませんでした。

d0065082_02086.jpg
これはセコンドの香りつけに使ったpernodoというスピリット。日が入ってキラキラ、きれいな色ですよね。
こんな、ぽかぽか、午後の日差しが暖かなテーブルでした。

さてさて、これはプレ・イタリア…
じ・つ・は・、明日からイタリアへ行ってきまーす。
シェフに聞いた、日本ではなかなか手に入らない、とっておき隠し調味料も探してみようっと。
…というわけで、おそらく次回はイタリアからの写メールで(^^)/
[PR]
by ciaocaccolina | 2007-02-01 00:20 | お料理 | Comments(0)